ちびっこ広場でのトラブル③

以前、私は、未就園児とその親を対象にした<ちびっこ広場>
を企画運営していました。そのときの出来事です。


ちびっこ広場での制作活動

私はいつも制作が入ると
できるだけ子どもが自分で片付けるように言ってきました。

マジック・ハサミ・のり・新聞紙等など、
初めのころは使い終わるとすぐに
取り上げていたお母さんですが、
だんだん子どもにまかせる時間が増えてきます。




作品ができたら私に見せに来てくれるので、

「上手にできたね」

とナデナデしてあげます。

(余談ですが、このとき子どもは、
  一身に 私に 作品を 見せに 来てくれるので
       私も うれしくて、先生冥利に 尽きます




お母さんのところへ 戻った子に
「終わったら片付けましょう。マジックやハサミ、先生のところに持ってきてください」
と言って私は、自分の前に 収納する 道具箱を並べます。


はじめは その声で、お母さんが 持ってきて、
片付けて しまうことが 多いのですが・・・

1人でも 持ってきてくれる 子がいると、
マイクを通して
「○○ちゃんありがとう」 とナデナデ。


これを毎回繰り返すと、12月になる頃は
お母さんが 子どもに 片付けるよう声をかけ、
親子一緒に 片付けるようになります。



こんなとき私は、
お母さんも成長していることを感じます。



912あ (1)
たまのひとこと
   子供ニョ成長に目がいきがちじゃが、ホントウは親が、
     親として 成長することが どういうことか、
        学ぶことが大切じゃニョう 

  (結局、親としての成長が、子供を成長させる?!ってことでしょうか?!)




↓よろしくニャ!

人気blogランキングへ
banner2.gif


ペンデュラム講座

「たまサロン」(無料相談日)

高岡セラピールーム メニュ/料金

 レイキ体験交流会 


(←ここから申し込んでね)


テーマ : 初めての妊娠・出産・育児
ジャンル : 育児

ちびっこ広場でのトラブル ②

昨日の続き・・・。

だんだんお母さん同士の友達ができて、
子ども達も子ども同士での 会話が見られるようになります。

大人の世界で育っているせいか
会話が大人のようで 笑ってしまいます。


「おはよう、今日はお天気いいから 洗濯物、干してから来たの」
「うちは赤ちゃんがいるからたいへんなの」

文字で書くと 誰がしゃべっているか わからないのですが、
まさしく2歳児の“ちびっこ広場”に来ていた子の おしゃべりです。
ちょっと 笑ってしまうでしょ、クスッ。



まだまだ 会話が かみ合わないことが 多い子ども達ですが、

自分の思いを伝えたい、そして伝わったときの 喜びは 大きく、

子供同士での言葉を交わす喜び を、
いろんな 遊びの広場に 参加することで 味わっているのでは ないでしょうか。



会話をする楽しみを みつけた子どもは いるけど、
全然言葉が 出ない子も います。

こんな子は、ついつい言葉が出ない分
手を出しがちで、遊びたいがゆえに 友達の背中を
“ドン”と押してみたり、
友達が持っている物を取ってみたり・・・・・

お母さんは ここでも ハラハラ、ピリピリと、困ってしまいますね。



私から見ると 友達に興味を示して
(オオッ!成長している)と感じて うれしく思うのですが、
(怪我しないで)と心の中で 叫んでいます。




こんなときは、お母さん同士が ちょっと話合い
同じ遊びを させてあげたりすると うまく遊べたりします


7・29
たまのひとこと
  イタズラが得意ニャこどもたち。それもお勉強だよニャ
 
  (“たまちゃん”といい勝負?!かしら



↓よろしくニャ!

人気blogランキングへ
banner2.gif


ペンデュラム講座

「たまサロン」(無料相談日)

高岡セラピールーム メニュ/料金

 レイキ体験交流会 


(←ここから申し込んでね)

テーマ : 初めての妊娠・出産・育児
ジャンル : 育児

ちびっこ広場でのトラブル?!

以前、仕事をしながら感じた子育てのアドバイスです。
よかったら読んでください。


ちびっこ広場でのトラブル?!
116
この頃の子ども達は、物の取り合い、
一緒な事をしたがったり、話しかけたり。
よくいろんなことにぶつかりあっています


“ちびっこ広場”では、マジックやクレヨンを
 1セット、2・3人で使ってもらっていました。

すると、好きな色を持っていて取り合いになったり、
のり・セロテープなど
ひとりで独占して使っている子がいたりして
時々ケンカになったりします。

こんなときお母さんは本当に困ってしまいます。

どうしたらいいのでしょう。
お母さんは空いているマジックやクレヨンを薦めたり、
他のグループのところへ移動させたりと 
いろいろ頑張っていらっしゃると思います。



ここで大事なことは、
『取り合いになった』『独り占めされて困った』と感じることです。



少子化が進みこのようなことが
家庭内で経験することは難しくなっています。

ここに来て初めて
対等な立場の子と取り合いになり、困ったのです。



『どうしたらいいのでしょう』
と考える場が“ちびっこ広場”なんです。



どうしたらうまく取り合いにならないのでしょうか。

お母さんが言って聞かせて「ハイ、ワカリマシタ」
なんていう子はほとんどいないはず。
だから大変なんですよ。




お母さんは常に正しい道徳感を子どもに教えてないといけないし 
それこそ何度も繰り返し。

「順番に待っていようね」「終わったら○○ちゃんに渡してね」
と危なくないようにかたときも目を離さず。
ハラハラ、ピリピリ。 




そんなこんなで、作品が出来上がって、
先生に見せに行く子どもの目は、
本当にキラキラ輝いてうれしくなってしまいますね。


皆が手に持っていれば同じように持つと言うし、
首にかけていれば僕も、私も、となります。
そして、とても満足げに帰ります。



時々思うようにならなかったと
大暴れしている子もいます。
お母さんは、ハラハラして、いろいろだましますが、
集団では思いどうりにならないことを学ぶ場なんですよ。


お母さん一緒に通って学びましょうね

もうこんな思いコリゴリと
思うこともあるかもしれませんが
(私はいつもでした)
頑張りましょう。

CA390580.jpg
たまのひとこと
   今日は、さむいニャん。ここがいいニョら

  (おお~~い、お布団上げさせておくれ~~ )




↓よろしくニャ!

人気blogランキングへ
banner2.gif


ペンデュラム講座

「たまサロン」(無料相談日)

高岡セラピールーム メニュ/料金

 レイキ体験交流会 


(←ここから申し込んでね)

テーマ : 初めての妊娠・出産・育児
ジャンル : 育児

ヤングママのセミナー

今日は、昨日書きましたが、 高岡市立西部公民館
<ヤングママのセミナー>でした。
117
託児つき講座での託児の様子です。

お話は、
家族の発達課題と
人間関係のポイント
親子関係のポイント

につていて、話しました。
あとは、みなさんからの質問に答えていきます。




幼稚園での子供同士のトラブル

兄弟間のトラブル

子供の発達への心配

お父さんと子供のかかわり

お母さん自身の親としての不安

現代社会の現状をみていて、将来不安

同居家族との関係への不安




などなど、いろいろお聞きして
「ほんとよね~~、大変よね~~。」
なんて答えてて、回答になってないよ!!(-。-;)



今回、どうしても伝えたかったことは
子育てにおいて必要なことは、

「養育者の心の安定」


母親の愛が、たりない
と多くの方が口をすっぱくいいますが、

今、この若いママ、パパたち自身の、愛情不足を感じています。
とても不安定です。

ママ、パパたちへの愛と「心の安定」が必要なのです。
(どうぞ、高岡セラピールームへ、ご相談ください) ←ちゃっかりコマーシャル!!


もし、自分の心がネガティブだなって感じたら
子供から、すこし離れて、
自分をリフレッシュすることを
考えてみてくださいね。


明日から、6月に書いていた「お母さんの居場所つくり」の続きを書いていきます。
1017 (6)
たまのひとこと
  ママたちだって、ゴロゴロ、甘えたいニャ~~(=∩_∩=)

  (年齢、性別、関係なく、親の愛の不足を感じています。)



↓よろしくニャ!

人気blogランキングへ
banner2.gif


ペンデュラム講座

「たまサロン」(無料相談日)

高岡セラピールーム メニュ/料金

 レイキ体験交流会 


(←ここから申し込んでね)

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

講座の資料

もしかして・・・。
明日、講座だ~~!!

と、あわてて資料を作ってました。

明日、高岡市立西部公民館で、
ヤングママのセミナー講師をすることになっていまして・・・。
∑(; ̄□ ̄A アセアセ


でも、ちゃんと作ってある資料をひっぱり出して、
組み合わせて~~。な~~んて、やっている私。

テーマは<ひとづきあいと子供との関わり>

でも私、講義時間を少なめにして、質問(Q&A)で、すすめていこうと思っています。


あ~~、ひさびだな~~。公民館。
以前、ここで、こんな風に、お仕事してたのです。
116
ん~~~~ん、若いよな~~。

いろんな企画を考えることも楽しくて、
運動会やクリスマスなんて本当にワクワクしながらやってたな~~。

おゆうぎも、<世界にひとつだけの花> <ヨサコイ> なんて踊ってた。

うっ!!若かったんだよな~~。
今では考えられないかも・・・。



子供たちの笑顔に逢えることが楽しくてしょうがなかった。
そして新米ママたちとのつながりも楽しかった。


ママたちが、子育てをしながら
“親”として成長していく姿を
私は、しっかり見ていたんだよ。



そんなことに気づいていた人は、ほんの少しだったけど
それで十分だと思っていた。


ここでの仕事が、今の私の下地となっていることに感謝しているんだ。
明日は、気楽にがんばります。

930あ
たまのひとこと
  ちびっこは、いろんなところにもぐりこんで、イタズラするニャりよ

  (たしかに!!たまちゃんと、いい勝負でしょうかね~~



↓よろしくニャ!

人気blogランキングへ
banner2.gif


ペンデュラム講座

「たまサロン」(無料相談日)

高岡セラピールーム メニュ/料金

 レイキ体験交流会 


(←ここから申し込んでね)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

ちびっこ広場③

ちびっこ広場①②の続きです。
(ちびっこ広場は2歳~4歳の未就園児とその親が対象のあそびの広場です)

この頃よく見うけられる子どもの行動で下記の様子が見られます。

①部屋に入れない子(公民館ホール)
②母から離れようとせず、ずっとだっこのまま見ている子
③部屋から脱走してしまう子
④ゲームや踊りに入れない子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は③、④の子へのアドバイスです。

③の部屋から脱走してしまう子ですが、

その日のプログラムで自分の好きなことがあると
参加したりすることがあります。 

このタイプの子で困るのは“待てない”
ということではないでしようか。


とにかく子どもの後を追いかけてクタクタになるお母さん。

子どもは次から次へと新しいものに目がいき、
活発に動きまわります。


いろんな物に興味を示し
キラキラ目を輝かせている子どもを見ていると、
お母さんは、気づかなかった
小さなことに感動し、


いままでの自分とは違う自分になれる。
そう思いませんか。
ただ母の体力が・・・。


春にはよく脱走者が出ます

まだ、先生とのコミュニケーションがうまくとれず
『センセイ?』誰それ?
という感じで、走り回ります。

ちょっと 止まって おはなし 聞いてみて、
楽しいとわかると
うまく保育の中に入り達成感も出てきます。

あきらめず通っていれば
徐々に保育の中に入ってくるようになりますが、
今は無理せず集団遊びも楽しそうだな 
と思う程度に見せてあげてください。



④のゲームや踊りに入れない子に、

「この子はなにもしない」と、
嘆かれるお母さん が、いらっしゃいますが、

本人は見ていることで充分楽しく参加しています
学習しています!!


こんな子はしばらくすれば
(すぐとはいきませんが、気長に待ちましょう)

皆と同じように遊びの中に入っていきます。
そして お話をよく聞いて 行動できる子になります。

とてもよい子です。

ここに挙げたことだけが
いろいろな行動を起こす原因のすべてではありませんが
ご参考にしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とにかく 大人の予想できない行動は、
お母さんに とっては 大きな 悩みです

この子 どうなるの・・・。

と、見方を変えれば、頼もしく思ったり、でも心配に思ったり




こんな風に皆さんは、
日々、母として成長させられています。
自覚ありますか。


6.20 (3)

たまのひとこと
   親として幸せを感じるばかりではニャいのう、悩み苦しき時もあるニャり

  (この頃は、体力勝負な子育て!!
       うまく身体を休めることができると 子育てが楽しいのです!)

★明日は、ドッグカフェについて書きます。

※7月のレイキセミナー受講案内  

↓お願いクリックしてニャ

人気blogランキングへ
banner2.gif


レイキ体験交流会のおしらせ

「たまサロン」(無料相談日)のおしらせ


仲間のさなたろうちゃんの勉強会の案内です。

テーマ : 子育て・育児
ジャンル : ライフ

ちびっこ広場②

ちびっこ広場①の続きです。
(ちびっこ広場は2歳~4歳の未就園児とその親が対象のあそびの広場です)

この頃よく見うけられる子どもの行動で下記の様子が見られます。

①部屋に入れない子(公民館ホール)
②母から離れようとせず、ずっとだっこのまま見ている子
③部屋から脱走してしまう子
④ゲームや踊りに入れない子 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、①、②の部屋に入れない子です。

母から離れようとせず、ずっとだっこのまま見ている子は、
ちょっぴりシャイな子

初めての場所には誰でも不安になります。

子どもの場合はもっと顕著になります。

安心できるよう その場で、しっかり抱きしめていてあげてください。

何もしていないようですが、皆の様子見ていますよ。
そして、 すごく学んでいます。

家へ帰ってから
「ネコチャン、ナイトッタネ」
「アカイ、オウチニハイッタネ」
とびっくりするくらい見聞きしたことを、お話してくれます。

こんな子は、意識していろんなところに親子で参加し、
経験することで自信がつくと、
自分から行動するようになっていきます。



書くと簡単ですが実際は結構大変です


不安な子を連れていくのですから。

まず子どもに たくさん望まないこと!!
子どもは、子どもなりにプレツシャーを感じています。

その場で ずっとだっこしていて あげてください。
または、一緒に 見ていてあげてください。


ずっと、だっこのまま 終わったって いいんですよ

まず安心を、 安心があると 見ているだけで 学びがあります

慣れてきたら、ちょっとずつ お母さんと一緒に やってみます。
やってみると 見ているときとは ちがう おもしろさを感じ、
楽しくなります。


このとき大切なのは お母さんが 楽しむこと

子どもは お母さんの 笑顔が 一番 うれしいのです
ちゃんと できなくても 楽しむことです。
おなかを 抱えて 笑っていいですよ。



もう一つ、部屋に 入れない子の パターンで・・・・

ここに来ると お母さんが 独占できなくなる。
と感じている子。


お母さんたちの 交流の場に なっている
“ちびっこ広場” ですが、

お母さんたちだけで 盛り上がって、

子どもが 野放し状態に なっていることが あります

お母さんが 僕だけ、私だけ、を見ていない。

だから 入るのを 嫌がったり、脱走したり、
お母さんの 気を引くため、
いたずら をしたりする子もいます。


お母さん達の 情報交換や おしゃべりは いいのですが、
保育プログラムを 考えて、うまく 子どもと遊びながら、
終わったら 友達親子で ランチしたり
と工夫してほしい と思っていました。



CA390263.jpg

たまのひとこと
     まだまだ、新米ママじゃからニャ~。

   (24時間営業の親としての仕事に、時には、はめをはずしたくなりますよね。)



※7月のレイキセミナー受講案内  

↓お願いクリックしてニャ

人気blogランキングへ
banner2.gif


レイキ体験交流会のおしらせ

「たまサロン」(無料相談日)のおしらせ


仲間のさなたろうちゃんの勉強会の案内です。


テーマ : 子育て・育児
ジャンル : ライフ

ちびっこ広場①

“ちびっこ広場”のことを書きますね。

私は平成11年から5年間
“ちびっこ広場”を企画・運営していました。
(週24時間という嘱託職員です)←ただのパートのおばさんです!


 対 象  《2歳から4歳の未就園児とその保護者》
 内 容  《親子あそび》
 活動日  《6月~翌年3月 月3回 金曜日》



この“ちびっこ広場”では、こんなことしてました。

“お話・手遊び・ゲーム・手作りおもちゃ・おゆうぎ”


余談ですが、おゆうぎでは、
慎吾ママの<オッハー> なつかしい?!
スマップの<世界に一つだけの花> 手話覚えてる?!
<ヨサコイ>  今もさかんに踊られていますよね! 

その時々で、楽しんで踊ってました。
(若かったとつくづく思います




参加者は親子30組~40組(60人~80人)

10時半に、「はじまり」のあいさつをしていても
聞こえている?!のか わからないほど、
グチャグチャに人、人、人。  
雑談の嵐。


私はそれを無視して保育プログラムを進めていきます。
こちらのプログラムにしっかり入って動いてくれる人。

全然動かず、子どもすら見ていないママ
親同士の話に花が咲き・・・。

それも私がスピーカーを通して
音楽やマイク で進行しているこの音に、
負けじと大声でしゃべるのですから
うるさい、うるさい。 
(ママはオバタリアン? )と思うときです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この頃よく見うけられる子どもの行動で下記の様子が見られます。

①部屋に入れない子(公民館ホール)

②母から離れようとせず、ずっとだっこのまま見ている子

③部屋から脱走してしまう子

④ゲームや踊りに入れない子 



明日から
こんなお子さんをお持ちのママたちへ
私からのアドバイスです

6.20 (4)

たまのひとこと
   “ちびっこ”たちは、集団での活動が生まれて初めてニャんだよ!!

   (そう、そう、だから戸惑いが多くて、親子ともにね!! )


※7月のレイキセミナー受講案内  

↓お願いクリックしてニャ

人気blogランキングへ
banner2.gif


レイキ体験交流会のおしらせ

「たまサロン」(無料相談日)のおしらせ


仲間のさなたろうちゃんの勉強会の案内です。

テーマ : 子育て・育児
ジャンル : ライフ

全市対象の子育て支援事業

平成11年4月、私は全市を対象とした
「子育て支援事業」の担当として
S公民館に移動となりました。

私が35歳の時でした。

当時は、「家庭教育ルネッサンス事業」という名称で
ほぼ毎週金曜日の10時半から1時間
“ちびっこ広場”を開催していました。


私が担当するのだから、この事業の中にどうしても、
今までやってきた“子育てサロン”を設けたいと思い、

毎月1回火曜日、10時半~12時に 
0歳児を対象とした
「赤ちゃんの部屋」
というものを作りました。

ここでは年3回、保健師の方に来ていただき、
赤ちゃんの身長・体重の測定、 
保健相談ができるようにしました。


「赤ちゃんの部屋」では   
『がんばっているお母さん、
    ここに来たら肩の力をぬいていいよ』
 
 

という風にそれこそ
<お母さんの居場所>
として位置づけていました。


ここでも、たくさんのママとベビーが集まってきました。
前回同様、ママ達の悩みは、もっぱら、
睡眠不足と自分の時間が全くないこと
が、よく話題に出ていました。



平成12年頃から育児休業中のママの参加者が増え、
この制度が浸透しつつある事を強く感じました。


話題も育児と仕事の両立か、選択か、などの話しや、再就職の事。

保育園情報(一時保育等)などの相談が多くなり、
お母さんの育児に対する考えや
母親としての役割についてこちらのほうが、

(ほうほう、そんな考え方しているんだね)
と思うことが多くなりました。


時代がかわってきたかなと思うときでした。

6.19 (7)

たまのひとこと
   国が決めれば、お役所は、忠実にこなすだけニャり

   (平成10年を境に、あっという間に支援体制、(ハード面ですが)できましたね。)



※7月のレイキセミナー受講案内  

↓お願いクリックしてニャ

人気blogランキングへ
banner2.gif


レイキ体験交流会のおしらせ

「たまサロン」(無料相談日)のおしらせ


仲間のさなたろうちゃんの勉強会の案内です。

テーマ : 子育て・育児
ジャンル : ライフ

子育てサロンの声

子育て支援をはじめたきっかけ
の続きです

子育てサロンでは、
地域のママたちが楽しく集まっていました。

中でもコミュニケーションをとるために始めた
回覧ノートにはいろんな話題が書き込まれ、
ママたちの楽しみのひとつとなっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9ヶ月のベイビーに振り回されている毎日です。
とにかく産まれたときから手のかかる子で、
抱き癖はつく。夜と昼は逆転する。

音に敏感で寝たと思っても
小さな物音ですぐ目を覚まして泣きわめく・・・。

私は食事の時間もままならないほど
自分の時間がなくなってしまいました。
         Sさん 9ヶ月児




Tは、1歳4ヶ月になり、
元気を通り越して暴れん坊です。

家の中では1m先へ行くにも、
私の手を持って離さず、離そうとすると怒る!

そのくせ外に出ると私がしっかりにぎった手を
一生懸命ふりほどいて、
どこへでも走っていってしまいます。

自分の思った所へ行けないと
道路でも座り込んで泣きだします。 
       Jさん 1歳4ヶ月児




最近、おにいちゃんは指をくわえるようになりました。
弟に手がかかるためどうしても
目が届かないぶんそういうしぐさに出るのでしょうか。

甘えたいという表れなのでしょうか。

保育園の運動会に行ったとき、
園にいるときのほうが指をくわえている事が多かったのです。

そんなに気にする事ないのかなとも思っているのですが・・・。
       Kさん 3歳 ・ 1歳児


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめての子育ては、
本当にとまどいが多く、
お母さん同士の情報交換の場があると
みんながどう対処しているか

生の声が聞け、
自分の子育てがちょっっぴり役に立つと、
元気が出てきたり。


お母さん達にとっては公民館の<子育てサロン>が
大切な場、になっていたと思います。          
           

6.18

たまのひとこと
   親としての学びがはじまったころニャ、戸惑いも多いであろうぞニャ。

  (新米ママとして、親になっていく、
            いろんな出来事がおしよせて、大変なときです!)



※7月のレイキセミナー受講案内  

↓お願いクリックしてニャ

人気blogランキングへ
banner2.gif


レイキ体験交流会のおしらせ

「たまサロン」(無料相談日)のおしらせ


仲間のさなたろうちゃんの勉強会の案内です。

テーマ : 子育て・育児
ジャンル : ライフ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たま みどり

Author:たま みどり
カウンセラー(セラピスト)

『うれしい、悲しい、苦しい、不愉快』 
すべての感情が心の成長となります
たくさんの感情体験は、心を豊かに、
大きくします あなたはどんな
感情体験をしてますか?

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
リンク
オススメ
ブログ内検索

月別アーカイブ