黒猫ロック番外編 2

はじめに、 黒猫ロックの記事 から読んでください。


黒猫ロック番外編 1


/////////////////////////////////////////////////////////////////////


黒猫ロック番外編 2 

11月末に、黒猫ロックのブログを書き終わり、
その後、家のたまちゃんが、12月7日に亡くなりました。

3.16 (13)


名古屋に住む、友人のみき姐さんは、
私のブログを読んでいて、
どうやら、黒猫ロック と繋がってしまい?!
ロックに、お願い された そうです…。



みき姐さんは、腕に来たロックのエネルギーを
感じつつ、仕事が終わるとすぐに
とある花屋さんへ駆け込み
大きな、<ランの花>を買い
私の家に贈って下さったのです。


私は、あまりに立派なお花なので恐縮していました。

ランの花2

が!!みき姐さんは、

「セラピールームの入口のあそこに置いて!!」

と場所まで指定されたのです。

ランの花

「 あのね、みどりさん。 ロックが 欲しいって、
 蝶々のようなのが 観えるの。
  散々考えて、この <ランの花> だと 思うの。
   でね、 ロックに、 観えるように
    あそこに 置いてほしいの 」




みき姐さんは、この花は、ロックだけじゃなくて、
みどりさん家の“たまちゃん”や、ご近所猫ちゃんへ
とも言われました。


実は、昨年10月末から 約2カ月で、4匹いた、町内の猫が、
全部、亡くなったのです・・・・・。




12月下旬に届いた、花は、その後、2月まで咲いていました。




そして送り主のみき姐さんは、
3月に私の交流会に参加するために
遠い名古屋からいらっしゃったのです。



みき姐さんに、昨晩のことを、半信半疑で伝えました。

「ありがとうって、伝えてって、黒い服を着た男の子が来たの」

みき姐さんは、ピーンと来たらしく、
「それ、ロックでしょ!」



やっぱ、そうだよね。
男の子が、ずぅっと、立っていた場所は、
<ランのお花>が、
長い間、置いてあった場所なんです。



「ロック!みき姐さんに ちゃんと伝えたからね!!」

みき姐さんは、
「黒服のメンズは ロックなんだね~。 ロック いいやつじゃん



あれから、黒服の男性と黒猫ロックは姿を観せません。



―生きていることに感謝します。ありがとうございます。―


テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

黒猫ロック 番外編 1

はじめに、 黒猫ロックの記事 から読んでください。


//////////////////////////////////////////////////////////////



3月20日、私は翌日の、交流会の準備をしていました。

いつも、入口のガラスのところに
いろんな気配をよく感じています。

ほとんどが、眷属といわれるようなモノであったり、
仏様や天使、妖精です。


が?!


この日は、はじめて人の姿を観ました



黒いスーツ(まるで就活スーツ)を着た、
30歳くらいの男性。


未成仏ではありません。人じゃないと言います…。



?????

「ありがとうと伝えてください」

?????

私が???なので、
ずっ~~と、そこに立っているのです。



セラピールームの入口ガラスのところです。


黒猫ロックかしら?!と頭をよぎりますが、
まさかね~~。




そして、部屋から出て、寝室へ行くとき
自宅玄関に、ロックが いるのが 観えました
生前、時々、ここに来ていましたが…。


やっぱり ロック?

ありがとうって 伝える?!



明日来る人に伝えるってこと?!

明日の参加者は…。



明日につづく・・・・




―生きていることに感謝します。ありがとうございます。―





テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

黒猫ロック 5 最終回

1からお読みください。 
  ↓ 


黒猫ロック 1

黒猫ロック 2

黒猫ロック 3

黒猫ロック 4 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

黒猫ロック 5 最終回


首輪を石畳において二日目、
なんと、ロック の家の パパが 我家に 用事で 来ました。



このとき、またまた ロックの エネルギーが 私を 襲います。


これは、胸にきます。
(くっ、くっ、苦しいよ!ロック!!)




ロックは、私に訴えます。
(まるで、胸ぐらをつかまれて、せかされるような感じです)


(そんなこと言ったって、どこから話せばいいのか…。
それに、お仕事の関係で来てるんだよ!!)



      
   


そして、しばらくして、猫の話題になりました。


あの~~、私、アニマルコミュニケーターということを
しているのですが、ロックのこと、お話していいですか?!


ようやく、今までのことをお伝えし、
石畳の上の 赤い首輪 を渡しました。




そこで、私はなんで赤い首輪が欲しかったのか知りました。




パパが、交通事故のあと、発見したとき
首輪は、3つに切れて飛んでいたそうです。

そして、そのちぎれた首輪をひらって
自宅に持ち帰ったと…。




ロックにとっては、大切なモノ・・・家族との絆 だったのかもしれません。


ロックは、新しい首輪が、欲しかったんだね




今、うちの“たまちゃん”はそのとき一緒に買った
おそろいの 赤い首輪 をしています。




今日も、鈴の音 鳴らしながら 窓越しに ロック を 待っています



珠子 (14)
たまのひとこと
   散歩の時間ニャり!そろそろ来るかニャ~~

 


テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

黒猫ロック 4

黒猫ロック 1

黒猫ロック 2

黒猫ロック 3


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ロック の家族は、私が ロック と
会話していることなんて知りません。

どうやって、伝えればいいんだろう…。





しかし、なんで、 赤い首輪 、探しているんだろう…。



翌日、ゴミ出しに行ったとき、近所の方が数人おられ、
その中に、 ロック の、お母さん が いらっしゃいました。

そこでは、ご近所の方が、 ロック の
交通事故のお話をされていました。

私は、それとなく お聞きしました。

「首輪は、どうされたの?」

「パパとママが、形見やから 言うて、家の中に置いてあるよ」

「あ~~、そうながや~~」



    


その場を離れ、ロックにつながり通信


「首輪、家にあるって」

「アカイクビワサガシテル」

「だから、家にあるって!!」

「アカイクビワホシイ」




この後、頻繁に 私の左肘にロックのエネルギーがきます。

    


「痛い!痛い! わかった!! いまから、
  カーマー行くから、ほしい首輪、言われ!」





とカーマーへ行き、どれにするか聴きます。

(も~~~!!!!!首輪だって、こんな高いのあるし~~。
    でも、買ってあげたら、もう私のところに来ないでね。)


とかなりブツブツ…。

そして、500円くらいの 赤い鈴 のついた首輪に決まり、購入。





さて、この首輪をどうやって、観えない黒猫ロックに渡すか…。


ん~~~~~。目を閉じ観ていきます。


すると、ロックがいつも くつろいでいた、
我家の、南側の石畳のところが観えます。


うん、そうだね。ここに置いておこう。



「ロック、ごめんね。お家まで持っていけないけど、
 ここに置いておくからね。 第一、 こんなこと、家族の方に、
 どう話せばいいのかわからないよ。 だから、ここに置いておくよ」




その日から、左肘にきていたエネルギーは、なくなりました。
 
「あ~~よかった~」




つづく・・・   


珠子 (4)
たまのひとこと
    んニャ?!このへんが変な感じしてたんだけどニャ~?

  




テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

黒猫ロック 3

その後、私は、近所の黒猫ロックが
死んだことを知ります。


そして、もしかして、あの夢は、ロック?!

黒猫ロックのトレードマークは
<赤い首輪>


全身黒ずくめで、自慢の 赤いショール…。
最後に JR の改札口を通って…。

ロックの飼い主のお父さん(おじいちゃん)は、
JR に勤めていらっしゃるのです。



これで、意味不明な夢が、なんとなく解明されました。




この日から、私の左肘に、重いエネルギーがきます。
(あ~~、これは、ロック?!)




ペンデュラムを使って、聴いていきます。

「ここにいるのは、ロック?!」

「YES」

「もしかして、赤い首輪探してる?」

「YES」



あ~~やっぱり…。

だから、ユニクロ でショールのところに
連れていかれたんだ…。


「ニコニコで、あっち(虹の橋)に行ったんでしょ?
 なんで、 赤いショール を探しているの????」




でも、ロックは

「赤いショール探してる」

とだけ答えるのです。


つづく・・・   


珠子 (8)
たまのひとこと
     寒くなったにゃ 

   

テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

黒猫ロック 2

私が、ウトウトしていたときでした。



夢の中?!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


上から下まで黒い服を着た人がいます。
ん?!お寺さん?!
ちがうよな~~、だってあざやかな
赤いショール 首から肩にかけてるし…。


それは、どうやら、自慢の赤いショールのようです。


顔を見ますと、ニコニコされていて、
私にまるで

(それじゃあね)


という感じで、会釈され、向こうに行かれました。

その、向こうとは、なぜか 
<JRの改札口>????

そこを通っていかれたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



目がさめ、私は??????

誰?? 何?? なんでJR???



でもね、その後、赤いショール がチラつくのです。

お昼頃、ユニクロ 行ったのですが、
なぜか、マフラー&ショールの前にいて
赤いショール を探すのです。

私は、なんで 赤いショール が欲しいんだろう…。



つづく・・・   


珠子 (21)
たまのひとこと
   ウトウト ( =①ω①=) ゴロゴロ 


テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

黒猫ロック 1

我が家の近所に、黒猫を
飼っていらっしゃるお宅がありました。


自由な <黒猫ロック> は、
我が家の庭を 毎日、散歩のコースとしていました。


tamakuro.jpg


うちの“たまちゃん”は、この庭で 何度か遭遇し
この ロック に、強烈な ネコパンチを受け・・・

それからは、窓ガラスごしに
にらみ合い お見合い、しているという姿を 毎日見ていました。




この ロック が、先月、交通事故で亡くなったのです。



飼い主さんが、朝、車で出かけると、
町内の公民館近くの道路に
黒い塊をみつけ…。



一緒にいた、ママは、号泣…。

自宅に持っていき、敷地の片隅に
お墓を作られました。



自宅には、 ロック が 使っていたものが、
あちこちにあって、それを見るたび 思い出し
悲しくて…。


猫だけど、いかに家族として、暮らしたか…。



つづく・・・   
 

珠子15
たまのひとこと
   クロネコのやつ、最近 こニャいよニャ~~~

   



テーマ : スピリチュアル
ジャンル :

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たま みどり

Author:たま みどり
カウンセラー(セラピスト)

『うれしい、悲しい、苦しい、不愉快』 
すべての感情が心の成長となります
たくさんの感情体験は、心を豊かに、
大きくします あなたはどんな
感情体験をしてますか?

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
リンク
オススメ
ブログ内検索

月別アーカイブ