息子とデート

今日は、息子と2人で、デートでした

なにしてたって??

映画「日本沈没」を見に行ってきました

私が小学校のときにこの映画、やってました

そのときは、映画なんて見ませんでしたが

かなり話題になっていた事は覚えています

なんでこの映画に息子を誘ったかって?!

こいつ、高校生にもなってあまりにも、ぼんやり生きているので

危機感、感じてほしいと思ったのです

ちなみにお正月には、「YAMATO」を見せました

このときは、やはり、実際にあった出来事として

見ているので、多少の危機感を感じていたようですが

今日は、それほどでもなかったようです

がっかり(;-_-) =3 フゥ

今どきの子って“上げ膳、据え膳”で口開けて、待ってるだけ!

ちっとも、自分で努力しないんだから!!

うちだけかも……

映画、の見所は、私流だと、豊悦の部屋にいた、 ロン毛のデブ猫 ですよ

0728.jpg



たまのひとこと
   私にないしょで、そのようなデブ猫に会いに行っていたのですか
   オラー 凸(メ▼▼) (^-^;)_・)))) サササッ

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

幸せさがし!

今日は、内観法について、チョ~簡単に説明しますね
えっ、宗教じゃないかって?!
まっ、読んでから自分で判断してください
内観とは、自分を見つめる事です

目標……自分自身を知り、幸せに生きること

結果……精神的自立

誰に対することかはっきりさせます(書き出します)
・母親   ・父親   ・夫(妻)  ・子 
この順番に進めてください

☆キーワード
《してもらったこと》
《してあげたこと》   ……… ①~現在まで、この3つを書き出します
《迷惑かけたこと》

①小学校入学前 ……… キーワードの3つを思い出し書いてみてください

②小学校低学年 ……… キーワードの3つを思い出し書いてみてください

③小学校高学年 ……… キーワードの3つを思い出し書いてみてください

④中学・高校 ……… キーワードの3つを思い出し書いてみてください    

⑤20代 ……… キーワードの3つを思い出し書いてみてください

⑥30代 ……… キーワードの3つを思い出し書いてみてください

⑦40代 ……… キーワードの3つを思い出し書いてみてください

⑧現在 ……… キーワードの3つを思い出し書いてみてください

チャレンジしてみた方、ありがとうございました<(_ _*)> アリガトォ

ないものを求めるのではなく、あるものに気づく
お金がない、地位も名誉もない、美しい美貌もない、ない、ない、
ないものを求め、手に入れたとき、あなたは本当に満足ですか

すべての人々に平等に与えられている大自然
太陽が昇り、朝が来る
雨が降り、植物が育つ
流れる雲に風を感じ、ふと足元に咲く花
この花は、必死で、愛を送っています
その存在をあなたは知っていますか
その花に愛を返したことありますか
(大自然をあなたの生活に置き換え、花をあなたの大切な人に置き換えてみましょう)

あなたの幸せ(青い鳥)は、どこにいるのでしょうね

0727.jpg


たまのひとこと
   青い鳥?鳥!!鳥は好き好き!!
   (そうゆうことじゃなくて…)

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

ペットロス ②

ペットロスの心理学  (モイラ・アンダーソン著書参照)


悲しみの対処法 7項

1.亡きペットの持ち物を整理    
     大切なものは飾る、入らなくなった物は保存・寄付・処分

2.1日の過ごし方を変える     
     ペットと過ごした時間(食事、散歩)新たなスケジュールを入れる

3.楽しかった思い出をつづる    
     ペットへの手紙、写真の整理

4.形見を作る             
     ポートレート、飾り物を作る

5.活動に参加する          
     動物ボランティアなど

6.残ったペットを可愛がる      
     残ったペットに、なおざりになっていませんか

7.新しいペットを迎える       
     早すぎてもよくないと言われてます



家族として暮らしていたペットたち、
その死を受け入れることは難しいかもしれません
この対処法を進めながら、少しづつ死を受け入れ、
前向きになれることを祈ります

0725.jpg


たまのひとこと
   死ぬ事がそんなに悲しいニョか人間は、弱い動物だニャ

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

ペットロス

ペットロスの心理学  (モイラ・アンダーソン著書参照)

ペットを飼っている人は
そのペットを家族の一員として暮らしています

このペットが亡くなると、

多くの飼い主はペットロスを経験します


ペットの死に対する感情として

苦痛・怒り・悲しみ・罪悪感


ペットの肉体の消失により

             喪失感・生活に穴があく

             (いつもの場所にいない)



このような感情は、ペットの死にかたの違いで

人間の感情がちがってきます




病死………………罪悪感

突然死……………引き裂かれた感情

やすらかな眠り……悲しみは軽い

安楽死……………罪悪感と安堵感・開放感




どんな死に方でも飼い主は悲しいものですね




ペットは無償の愛を飼い主に提供しています

飼い主は無条件にペットから愛をもらっています




人間は無条件の愛を誰かに提供しているのでしょうか?




ペットが、家族の絆をつないでいる事は多く

家族の中で交わされる会話などペットがいるからこそ

交わされる会話だったりします






では、ペットロスになると家族はどうなるのでしょう




考えたくないですね

0724.jpg


たまのひとこと

    人間は、愛に依存するし、見返りを期待する、おろかな者ニャ

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

ママたちのちびっこ広場 ③

お母さんの居場所つくり⑩


昨日の続きです


この頃よく見うけられる子どもの行動で

①部屋に入れない子

②母から離れようとせず、ずっとだっこのまま見ている子

③部屋から脱走してしまう子

④ゲームや踊りに入れない子 

が見られます。こんなお子さんたちへの私からのアドバイスです



③の部屋から脱走してしまう子ですが、

その日のプログラムで自分の好きなことがあると

参加したりすることがあります。

このタイプの子で困るのは“待てない”

ということではないでしようか。

とにかく子どもの後を追いかけてクタクタになるお母さん。

子どもは次から次へと新しいものに目がいき、

活発に動きまわります。

いろんな物に興味を示し

キラキラ目を輝かせている子どもを見ていると、

お母さんは、気づかなかった小さなことに感動し、

いままでの視点とは違う自分になれる。

そう思いませんか。ただ母の体力が・・・。

春にはよく脱走者が出ます。

まだ、先生とのコミュニケーションがうまくとれず

『センセイ?』誰それ?という感じで、

走り回ります。ちょっと止まっておはなし聞いてみて、

楽しいとわかるとうまく保育の中に入り達成感も出てきます。

あきらめず通っていれば

徐々に保育の中に入ってくるようになりますが、

今は無理せず集団遊びも楽しそうだなと思う程度に

見せてあげてください。




④のゲームや踊りに入れない子に、

「この子はなにもしない」と、

嘆かれるお母さんがいらっしゃいますが、

本人は見ていることで充分楽しく参加しています。(学習しています)

こんな子はしばらくすれば(すぐとはいきませんが、気長に待ちましょう)

皆と同じように遊びの中に入っていきます。

そしてお話をよく聞いて行動できる子になります。

とてもよい子です。



ここに挙げたことだけが

いろいろな行動を起こす原因ではありませんがご参考にしてください。



0720.jpg




たまのひとこと

   たまは、ひとりで遊ぶニャ あっ、虫と鳥が友達ニャん

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

ママたちのちびっこ広場 ②

お母さんの居場所つくり⑩

昨日の続き、アドバイスです

この頃よく見うけられる子どもの行動で

①部屋に入れない子

②母から離れようとせず、ずっとだっこのまま見ている子

③部屋から脱走してしまう子

④ゲームや踊りに入れない子 

 が見られます。こんなお子さんたちへの私からのアドバイスです



①、②の部屋に入れない子や、

母から離れようとせず、ずっとだっこのまま見ている子は、

ちょっぴりシャイな子。



初めての場所には誰でも不安になります。

子どもの場合はもっと顕著になります。

安心できるようしっかり抱きしめてあげてください。

何もしていないようですが、皆の様子見ていますよ。

そしてすごく学んでいます。家へ帰ってから

「ネコチャン、ナイトッタネ」

「アカイ、オウチニハイッタネ」

とびっくりするくらいお話してくれます。

こんな子は、意識していろんなところに親子で参加し、

経験することで自信がつくと、自分から行動するようになっていきます。

書くと簡単ですが実際は結構大変です。

不安な子を連れていくのですから。まず子どもにたくさん望まないこと。

子どもは子どもなりにプレツシャーを感じています。


 その場でずっとだっこしていてあげてください。

または、一緒に見ていてあげてください。

ずっと、だっこのまま終わったっていいんですよ。

まず安心を、安心があると見ているだけで学びがあります。

慣れてきたら、ちょっとずつお母さんと一緒にやってみます。

やってみると見ているときとはちがうおもしろさを感じ、

楽しくなります。このとき大切なのはお母さんが楽しむこと。

子どもはお母さんの笑顔が一番うれしいのです。

ちゃんとできなくても楽しむことです。

おなかを抱えて笑っていいですよ。


もう一つ、部屋に入れない子のパターンで、

ここに来るとお母さんが独占できなくなる。と感じている子。

お母さんたちの交流の場になっている“ちびっこ広場”ですが、

お母さんたちだけで盛り上がって、

子どもが野放し状態になっていることがあります。

お母さんが僕だけ、私だけ、を見ていない。

だから入るのを嫌がったり、

脱走したり、

お母さんの気を引くため、

いたずらをしたりする子もいます。

お母さん達の情報交換やおしゃべりはいいのですが、

保育プログラムを考えてうまく子どもと遊びながら、

終わったら友達親子でランチしたりと工夫してほしいと思います。





③部屋から脱走してしまう子

④ゲームや踊りに入れない子 

のアドバイスは、明日にしますね



0719.jpg


たまのひとこと

   最近の猫は、完全室内飼いが多いんだニャん

   それにもめげず、脱走するニャンコ!

   ちびっこと一緒だニャ


   (ちがうって!!)

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

ママたちのちびっこ広場

お母さんの居場所つくり⑨


ちびっこ広場が始まる6月のころ

先に書いたように平成15年からは定員を設けましたが、

その前までは自由に参加できたちびっこ広場、

始まった6月のころは参加が大変多く

しかもサポーターもほぼ毎年変わっていたので勝手がわからず、

受付は渋滞。



『今年こそはちびっこたちとコミュニケーションをとり

     お母さん方ともお話をたくさんしてより充実させたい』



とそれこそ毎年のように思っているのですが、

参加人数の多さと、

その参加者の熱い思いが押し寄せてくるので

思ったようにはコミュニケーションがとれませんでした。

お話をしていても届いているのかわからないほど

グチャグチャに人、人、人。雑談の嵐。

私はそれを無視して保育プログラムを進めていきます。

こちらのプログラムにしっかり入って動いてくれる人。

全然動かず子どもも見ていない人。

親同士の話に花が咲き、

それも私がスピーカーを通して音楽やマイクで進行しているこの音に、

負けじと大声でしゃべるのですから、

うるさい、うるさい。ママはオバタリアン?と思うときです。




この頃よく見うけられる子どもの行動で

①部屋に入れない子

②母から離れようとせず、ずっとだっこのまま見ている子

③部屋から脱走してしまう子

④ゲームや踊りに入れない子 

が見られます。こんなお子さんたちへの私からのアドバイス



―明日にしますねー

0718.jpg


たまのひとこと

    今日は、雨、なんだか涼しい日だニャ

    せっかく涼しいんだから、熱く語らニャいで

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

せみ?

今日、今年初の せみの声 を聴きました

毎年こんなもんでしたっけ??

昨日は、あつ~い晴れ!今日は、どんより曇り、夕方から激しい雨、

毎日気まぐれな天気です

私の性格と一緒かな

世間は今日から三連休だったんですね

お買い物をして人の多さで気づくという

のほほんと暮らしている私です

あっ、お中元、贈っとかなきゃ!

せみの声が庭に響きます

0715.jpg


たまのひとこと
   気まぐれ天気には、まったりすごす"たま"であった
   ん?せみ?!今年もせみとの格闘が近づいてますニャ
(どういう意味??)

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

たまに一票!

今日も暑いですね、我が家の猫、“たま”は暑いの苦手!!

すこし、もどして しまいました(なんだかかわいそう)

人間も、猫も、グッタリの蒸し暑さですね


0713.jpg




ところで、キャットフードのシーバに

おいしい顔のコンテストがありまして

応募してみました

おいしい顔フォトコンテスト 投票


皆さんの投票お願いします

たまのひとこと
   外は雨、蒸し暑いし、ご主人なんとか涼しくしてニャ(とクーラーを催促する“たま”であった)

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

私とちびっこ広場②

お母さんの居場所つくり⑧

7月5日の 私とちびっこ広場 の続きです

私の考えの中にでは、

「子育て中は自分の(お母さんの)

自由にならないからその日どこかにいけそうだと思ったら

“ちびっこ広場”に来ればいいじゃない」

という考えがあったのでそれまで参加は自由にしていました

が限界を感じました。

 とうとう平成15年度より参加者を完全予約という形にしました。

毎週、予約という形をとりました。

大変なのは予約が毎週だということで、

当日は朝から電話が鳴りっぱなしで午前中には定員になる

というありがたい人気でした。

これにより事前に名札の準備ができ

当日の受付に時間がかからなくなりました。

こんな人気の支援事業でしたが平成16年度より

大幅に縮小されることなりました。

私も家庭の事情で仕事をやめることになりました。

 公民館指導員として11年。

うち10年は子育て支援に携わっておりました。

0712.jpg


たまのひとこと
    はは~ん、そいで“たま”とよく遊ぶようになったニョか?
    そうか、そうか、仕方がない、ご主人の遊び相手になってやるっちゃ

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

家族殺人

どうしてこの家庭にこんな事件が

そう思うこと最近多いですよね

奈良の家族3人放火事件の子供は、 

はたからみれば、良い家庭、立派な家庭でしょう

親がよかれと思って努力している教育やしつけが、

子どもから見れば束縛となってしまった

幼い頃は従順に従っていても、

思春期になり爆発してしまった

悪いことになれている人は、

悪いことをごまかすことにもなれていますが

優等生はそんなことができません

小さなミスから、とんでもない大事件がおきます

ごまかすことも謝ることもできないのですから

少年は本来は悪人ではありません

父親だって子どもが憎くて叱っていたのではないでしょう

『がんばって医者になれ!

でもたとえそうでなくても、君にはいろんな道がある

父さん母さんは、おまえを大切に思い、愛しているからね』

そう、子どもに伝えることが親の役割だったんではないでしょうか

(http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news2/2006/nara.html  参照)
0707.jpg


たまのひとこと
     人間の親子は、なんで自立のときに、突き放さないニョか?
     動物は自然のおきてを守るのに

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

家族の発達課題 ⑥

ー向老期(孤老期)ー  人生の最終段階

段階  向老期 
状況  視覚・聴覚 ・ 記憶・体力の衰え

     配偶者の死
課題  老化への適応、喪失経験の受容

危機  受容、諦観 : 絶望   



(金子書房 「家族カウンセリング」 岡堂哲雄著 より)



この頃は親世代は年齢とともに

視力、聴力、記憶力、注意集中力、歩行能力などが衰え、怪我、病気をしやすくなります

さらに配偶者、兄弟、親友の死に直面すると喪失から悲しみに沈むでしょう



こうして自分を無用者に思い

まわりとのコミュニケーションが失われ、呆け症状が出始めます



この中で、親子の役割が逆転し

親が子供に引き取られ同居、

または、養護施設に入所があります



親はこのことにより失望、落胆、恨み、罪責感にとらわれ

子供の世話に感謝する事ができないかもしれません



また中年になった子供は、老親の世話が重荷となりストレスとなります

そして、親の死は、喪失体験となります



という事で、ようするに

配偶者に先立たれ、子供は結婚し家庭をもっており、独りの生活なので

地域社会での支援ネットワークを作っておく事が大切になるでしょうね


0706.jpg


たまのひとこと

    妻や夫が死ぬと、残された人はなかなかその死を受け入れられないよ

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

私とちびっこ広場  

お母さんの居場所つくり⑦ 



私とちびっこ広場



“ちびっこ広場”は、平成4年からS公民館で行われており、

私は平成11年から5年間ここで“ちびっこ広場”を企画・運営していました。

(週24時間という嘱託職員です)

はじめは企画するといっても前年度の内容に沿って、とにかくこなすのみ。

ほぼ毎週なので追われるという感じです。

大変でしたがとても楽しく、一緒にやっていたサポーターが

(当時は、ネットワーカーと呼ばれていました)

ベテランだったので安心していろんな事にとりくんでいました。

平成12年から事業内容が変わりサポーターが増え

私はとてもスムーズに運営することができました。

ただ毎年サポーターが(派遣されてくる)代わるので

サポーターの教育が私の仕事のひとつとなりました。

人気の“ちびっこ広場”でしたが運営するにあたり

いつも困ることは「参加人数がわからない」ことでした。

だいたい30組から40組の参加なのですが

時々23組くらいの日があったりすると

用意していた材料が

(さんざんパーツに切ってあるので次に使うことが難しい)

どうしようもなく残ってしまいました。

また、逆に40個用意してあったのに46組の参加であわてて

“ちびっこ広場”の最中に用意。

するとどうしても足りない部品が出てきたりして。

参加者の方には申し訳なく思っていました。

参加者もはじまりの10時半にかっきり入るというわけでなく、

だらだらと11時ごろまで入ってきていましたので、

そのたびにサポーターは、受付に時間をとられていました。

またその時に、その日の内容を説明し、

活動中の中に入っていただくのでサポーターは

とても大変だったと思います。



0705.jpg


たまのひとこと

   ほとんど毎回イベントのようですニャ

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

夏みたいだニャ

今日は、いいお天気で、暑いですね

07041.jpg


(夏みたいだニャ)

ほんと夏だよね



07042.jpg


(暑くてバテそうだニャ)


07043.jpg


そうそう、なんかおいしそうなえさ買ってきたよ




(おお、あなたは、なかなか気が利いてますな)

たまに、ほめられました(^^)ニコ 

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

子離れできない親

家族の発達課題において、排出期~退隠期にかけて
気になっていること書きます

多くの親は、子供の巣立ったあとに、
宝を失った悲しみ、孤独感、そしてそれにより突然の老け込み
目的喪失感に襲われます

新しい生活の焦点や、目的を見出すことはむずかしく
自立した我子に対し、「子供役割」 を求め続けます
このことにより、親が子供の自立を妨害している場合があります
大きくなった子供がいつまでも家庭にとどまり続けるのは
仲の悪い親の離婚を避けるための場合があります

子供は、親元を離れて暮らすようになると孤立感や、不安やうつ状態を
訴えることがありますが
こんなとき、親のほうから、子供がいない寂しい気持ちを電話しようものなら
子供は親に対して罪の意識でいっそう落ち込んでしまうでしょう

現在のひここもり、ニートなどの問題には、このようなケースもあると思っています

今更ながら、親離れ、子離れのむずかしさを感じます



0701.jpg


たまのひとこと
     親が手の内から子供を出さないなんて、子供が、きゅうくつニャ

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

たま みどり

Author:たま みどり
カウンセラー(セラピスト)

『うれしい、悲しい、苦しい、不愉快』 
すべての感情が心の成長となります
たくさんの感情体験は、心を豊かに、
大きくします あなたはどんな
感情体験をしてますか?

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
リンク
オススメ
ブログ内検索

月別アーカイブ