相談を聴く

カウンセリング講座をしているので
カウンセリングについて、少し書きます。

まずは、相談について



=相談の目的=

目的・・・人は悩み苦しみ又は喜びにより人として成長する
     これを援助していくこと





人は本当に苦しい時、その事を人に話すことができません。

自分の中で少し落ち着いたとき話し出します。
相談員が傍にいて聴いてくれている。
そう思うだけでどれだけ心強く思う事でしょう。

多くの言葉はいりませんしっかりと受止めて聴いてあげてください。
そうすることにより 
相談者は自分の言葉から、問題に対して客観的に見つめ、
自ら解決の糸口をさぐり出すことになるでしょう


大切なのはこの時、傍にいて聴いてくれる人がいることです。







技法・・・①無条件の肯定的配慮(受容)   ひたすら受容
     ②共感的に感じ伝え返す      内容のキーワード・感情を伝え返す




                 



<カウンセリングの定義  國分康孝>より (日本教育カウンセラー協会会長)

カウンセリングとは……
         言語的および非言語的コミュニケーションをとおして
         健常者の行動変容を試みる人間関係である

対 象 : 健常者   
         精神障害者を対象とする心理的治療とちがって、
         カウンセリングの主対象は健常者である。
         心理的治療の対象が「なおすべき人」であるのに対し、
         カウンセリングの主対象者は「成長、向上が期待される人」といえる。

方 法 : 言語的および非言語的コミュニケーションをとおした人間関
         (相談員は優しさと厳しさをもつこと)

目 標 : 行動の変容 行動の変容とは今まであった反応の消失。
      (例、イライラしても暴力をふるうことがなくなる)
      今までなかった反応の出現。(例、ノーと言えるようになる)
      スキル、態度、感情、価値観、創造性、知性、
      問題解決方法などに関する反応の増減をいう。

参 考: 日本教育カウンセラー協会HP  http://www.jeca.gr.jp/  



―生きていることに感謝します。ありがとうございます。―



高岡での予約希望者の方へ 
 問い合わせいただきありがとうございます
  ご予約は、こちらをクリック!! 
 ※ご予約は 2月 21日 以後になります



レイキ体験交流会
 2月休み  3月13日(日)  3月28日(月)
13時半~16時、高岡セラピールームにて  参加費:2,000円
交流会参加希望と書いて申し込みください   





テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たま みどり

Author:たま みどり
カウンセラー(セラピスト)

『うれしい、悲しい、苦しい、不愉快』 
すべての感情が心の成長となります
たくさんの感情体験は、心を豊かに、
大きくします あなたはどんな
感情体験をしてますか?

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
リンク
オススメ
ブログ内検索

月別アーカイブ