妖怪 たまにゃん(創作童話)8

妖怪 たまにゃん(創作童話)です!
初めての方は、1~7を読んでから
お進みくださいまし~♪


妖怪 たまにゃん(創作童話)1

妖怪 たまにゃん(創作童話)2

妖怪 たまにゃん(創作童話)3 

妖怪 たまにゃん(創作童話)4

妖怪 たまにゃん(創作童話)5

妖怪 たまにゃん(創作童話)6

妖怪 たまにゃん(創作童話)7





ー帰りのバス その2-

やれやれ、少し寝よう。
そう思った時でした、

「ううううぅっ、苦しい、」

胸が苦しくてたまりません。
それは、心臓あたりから、喉へ、
こみ上げるような感覚です。
(なんなんだろう。この苦しさは。。。)



私の脳裏には、午前中に歩いた、
あつたさまの、<土用殿> が浮かび上がります。
「えっなんで?」

何度も、その映像を 振り払いますが、
どんどん迫ってくる 感じなのです。
私は、苦しくて、苦しくて、思わず、
手が動きます。

それは、扉を解除する動きです。
「こんなんで、扉、開くんかな~」
そうブツブツ言いながら、本気で 手を動かし始めます。


ラッキーなことに バスの座席は 隣が空席でした。
また、日が暮れていたので、
乗車していた 多くのお客様は、
ウトウト 眠っていらっしゃいました。




私は、左の腕を使います。
指を人差し指と 中指を伸ばし、
ぴたりと合わせ、イメージで、
指先を <土用殿> の扉に向けます。
そのまま、まっすぐ、上に上げるように 動かします。
何度も、何度も、グルグルと 同じ動きを続けます。
扉のカンヌキを 外すイメージです。




ちなみに、これは、遠隔の 術になります。
離れたところから 遠隔で、
異次元の封印を 外しているということです。




実際に、日中、この<土用殿>を見ているので、
どれくらい 頑丈に結界が、張られているか わかります。

だからこそ、腕を動かしながら、
(それにしても、こんなの解除できるんかいな?!)
と思っている自分がいました。



どのくらいやっていたでしょうか。
バスは、富山に 入ってきました。
つまり かなり長いこと やっているのです。(アハハ)



ついに、扉のカンヌキを外すことができました!




観音扉が開かれると、中からは、
白い雲のような 塊が出てきました。
それは、すごい速さで 上空に上がっていきます。

私は、空っぽになったと思われる、
<土用殿>の中を見ました。
床に大きな 深い穴が あいていました。
  

私は、しばらく考えます。
「どうしよう。。。このままでいいのかなぁ。
  なんかしなきゃいけないのかなぁ。。。」





「ん!そうだ!!赤竜を呼ぼう!」




私は、呪文を唱えます。
「赤竜、赤竜、あつたの赤竜、ここに!」

すると、爆音とともに 地下深くから赤竜が、
まっすぐに上空に出てきました。
思い切り上空に抜けたと思ったら、
今度は、<土用殿>に、すごいスピードで巻きつきます。

「 w( ̄△ ̄;)w おおっ!すごっ!! 」

ピシピシ パチパチ メラメラ

<土用殿>が燃えています。

「えっ?!3次元的には、大丈夫だよね?!」
と、少々焦りながら、観ておりました。


そして、
「いらんもん燃えてしまえ!」

         



しばらくして、私はひふみを 唱えます。
「ひ~ふ~み~~~~~
 ひ~ふ~み~~~~~
 ひ~ふ~み~~~~~」




炎は、建物の上から徐々に、静まって
もとの <土用殿> になりました。



tama (24)
あ~ぁ もえちゃった。。。
シュウチャクは、燃えてもいいかと・・・
スウせんネンのシュウチャク?!・・・まずそうやにゃ



ー ありがとうございます ー 


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たま みどり

Author:たま みどり
カウンセラー(セラピスト)

『うれしい、悲しい、苦しい、不愉快』 
すべての感情が心の成長となります
たくさんの感情体験は、心を豊かに、
大きくします あなたはどんな
感情体験をしてますか?

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
リンク
オススメ
ブログ内検索

月別アーカイブ