たま みどり

★富山県高岡市★魂&心 ヒーリング★精神性向上 ★カウンセラー★愛・感謝★
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ラブちゃんの人形(3話)TOP童話 ≫ ラブちゃんの人形(3話)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ラブちゃんの人形(3話)

ラブちゃんの人形(1話)

ラブちゃんの人形(2話)


ラブちゃんの人形(3話)

~その晩の夢~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、どこかの 民俗資料館 にいました。
それは、まるで、アミューズメントパークのようでした。


昔の道具などが 展示されている 建物や
お城のような 展望台 もありました。


決められた時間に、奉公人の行列(行進)
などがあり、見学することもできました。



この奉公人は、黒いハッピを着ていました。
(なんの職人さん?!・・・)

20人くらいが2列で歩きます
ザッ、 ザッ、 ザッ、 
ザッ、 ザッ、 ザッ、



そのあとを追いかけていくと
ある建物の中に入っていきました。

展望台のある、本殿のようなところから
長い、長い、渡り廊下を 歩いています。

奉公人の行列が、右に曲がり、その奥に入っていきます。
私は、その手前の部屋が気になり
襖を 少し開けてみました。

中央の座布団に 美しい着物を着た
お地蔵さまが、そしてその横で、
コロコロと遊んでいる 女の子が見えました。

私は、背筋が凍りつきました。。。

ヤバイ!おかしい!!帰らなきゃ!!!




私は、日が暮れる前に、ここから出ようとしますが、
ここは、海沿いの 川のそばでした。
ここから出るには、向こう岸に 
いかなければなりません。

川を渡る手段が、船しかなく 
なかなか、自分の順番が来ません。
また、船に乗ろうとしても、
大きな波がきて、乗れないのです。

「ここから出れない!水が!水が!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


汗だくで目が覚めました。


コラージュ (6)
オにんぎょう、どちた?! 
ちょっと、怖かったよ(^^;)  


ー ありがとうございます ー 



童話 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。