私の、彼を返して!③ 最終回 

私の体験から 想像を膨らませて、
創作童話を書いています。
良かったら読んでください

私の彼を返して!①
私の彼を返して!②


私の、彼を返して!③ 最終回
     <妖怪 たまにゃん> ~創作童話~


たまにゃんは、、彼を 一人の相談者 として
<ネコネコ・カウンセリング> しただけです。

その結果、彼の意思で、
ひめさまへの 崇拝という
依存を 断ち切ったのです。


そして、彼は、その後一度も 私のところに
来ていません。

ハウル




そんな 昔話を聞いて
子猫のチョコが聞きました。

「なんで?なんで? たまにゃんは、
「返しません!」 言ったの?」




たまにゃんは、遠くを見つめながら



「自分の進む道は、自分で 決めていくものです
私は、その彼の意思を 尊重 したかっただけです」


「そんちょー?!」



「誰かに 指示されて 道を 決めていくのは
責任転嫁 したいからでは ないかな」


「そぉなのぉ」


「かみさまの名前を使い 依存させることは
妖怪 たまにゃん の世界では 
悪 にしかみえません」


「かみたまは、みんな 善 やないのぉ?!」



「ワタクシ、たまにゃんは、かみさまとか、天使とか、
妖怪、などのくくりに、とらわれることは ありません

どのような存在でも、自由意思があり、
それが、多くの方の 喜びとなるものなら、

良いと 思います

拘束、命令、執着、依存が、彼の
自由意思とは 思い づらいですね」

「ふ~ん」


「本人の選択において、拘束を望むならそれは、
本人の 自由意思 だとは、思いますけれど」


「・・・。」


「今日の お話は、これでおしまい
子猫のチョコには、難しかったかしら?」


松と光


子猫のチョコは、なぜかわからないけれど
たまにゃんの きっぱり感を スガスガしく 
感じていました。

そして、たま家の 光の柱で 爪磨き♪
ピシ、ピシ、シャキーン

磨かれた 光る爪を うれしそうに
子猫のチョコは、帰っていきました。

にゃんのままで~♪ 
ひかり あびながら~~~♪
あるきだそ~お~♪



~ おしまい ~


tama (20)
おしまい?・・・。
ん・・・考えチュ


ー ありがとうございます ー 


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たま みどり

Author:たま みどり
カウンセラー(セラピスト)

『うれしい、悲しい、苦しい、不愉快』 
すべての感情が心の成長となります
たくさんの感情体験は、心を豊かに、
大きくします あなたはどんな
感情体験をしてますか?

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
リンク
オススメ
ブログ内検索

月別アーカイブ