不思議なアパート

ある先輩のアパートに遊びに行きました。
山の奥にあり、とても広い敷地で、グラウンドもありました。

そのアパートは、不思議な共同生活をしていました。

先輩の 夫が、教祖
共同生活者は、信者


私は、知らない間に、信者扱いされていました。
(私は、騙された?!)

持ち物が、取り上げられ、
外部との連絡手段を絶たれました。
ほころびのある、白い服を着せられました。



しかし、この広場(空間)は、外部と遮断されたことで
平和な 愛のある空間が、確保されていました。
共同生活者とは、仲の良い家族のように 
楽しく暮らしています。

私は思わず 「共同生活もいいね」 とつぶやいていました。


               


なんで、こんなにみんな仲良く一緒にいるのだろうか。。。
あ!携帯、スマホ等が、ないんだ!
だから、会話ができるんだ!


トンボ


どのくらいの時間が過ぎたのかわかりません。
私は、さすがに もうそろそろ、帰らなくては
と思い、逃げ出そうと、考えていました。


トイレを探していると、古いトイレが、
いくつか並んでいました。
きちんと掃除が行き届いて、
ここの集団生活が、思ったより、
良い環境であることが、わかります。

一番 奥の トイレは、お客様用のトイレのようでした。

一番 手前の トイレに入りましたら、
扉が壊れていました。
締まらない。。。


庭の水



あるとき、この集団が、ペーパーテストを実施。
それは、<倫理観> を問うものでした。
私が、サラサラと書いたのを、教祖が、大変喜んでいました。


そして、更なる、テスト!
私は、この集団生活のおかしさが
わかるよう、小論文を書きました。

これを読んだ、教祖は、激怒し、私の首を絞めます。
私は、力ずくで、その教祖の手を外します。


すると、教祖は、体格のいい男性に
「コロセ」 といいます。
その男性は、私に襲いかかります。

「私は、絶対に死なない、死ぬのはあなただ!」
と言い、押さえられた手を 魔法を使い、押し返します。
男性は怯えています。

私は、逃げ出します。
走る、

乗り越える、

追いつかれる、

振り切る、

間一髪!!

助けが来た??


一台の車が、私を乗せて、異次元ゲートをくぐり
いつもの街へ向かう。

「ヒュー!危うく殺されるところだったよ!サンキュー♪」
運転手は、まるで、SP(セキュリティーポリス)のごとく
私を、助け、去っていきました。


はなみずき (1)


私は、安堵するものの、
争い、怒り、搾取、がある、
いつもの世界に戻ったことで
別な 緊張感を感じて、身体のアンテナを
起動させていました。




「あ~あ、それにしても iPhone も 携帯 も、全部取られちゃったなぁ」


~おしまい~


tama (35)
その、共同生活は、悪くなかったんだよにゃん
そう・・・だね・・・
   




ー  ありがとうございます ー 



カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たま みどり

Author:たま みどり
カウンセラー(セラピスト)

『うれしい、悲しい、苦しい、不愉快』 
すべての感情が心の成長となります
たくさんの感情体験は、心を豊かに、
大きくします あなたはどんな
感情体験をしてますか?

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
リンク
オススメ
ブログ内検索

月別アーカイブ