幽霊・・・

私は、宗教を特別学んだ者ではありません

が仕事をする中で、幽霊さんと
お話をすることが多くなりまして・・・

先祖霊、未成仏霊、などの ご本人の
意志を聴き、供養といわれるようなことを
してきました

こんなことを繰り返すうちに、宗教儀式
(法要・読経・法名等)は、馬鹿げていると
感じるようになりました

故人の多くは、家族からの愛が一番なのです
愛、感謝、許し
これだけでいいのです

パステルバラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【神人靈媒日記】
〜日本のシャーマンが教える スピリチャル世界のタブーとは!?③〜   

◆釈迦が書き記したものは実際のところ何も存在しない。
経典は後世の者たちが想像して書いたものに過ぎないのである。

◆葬儀にて経を唱えられても故人の殆どは喜んでいない。
靈人ら曰く全く心に響いてこないそうである。

◆初七日〜四十九日〜一周忌…慣例化された法要をしても
御靈は、家に居ることが殆どである。
死後の世界を 理解しようとしない御靈は 自身が変わることを とても恐れるもの。

◆法要とは六道の教えであるが、死者は みな地獄に堕ちて
一週間毎に裁判に掛けられるという 昔の中国にて考案された
作り話を日本が輸入したものであり、全て偽りである。

◆偶像は偶像に過ぎず拝む対象ではない。
偶像はあくまでも誰かの美術作品に過ぎず、崇拝する価値がない。
国を挙げたお陰信仰によるマインドコントロールの賜物である。

◆釈迦の教えを守っている僧侶は残念ながら殆どいない。
僧侶は偉いわけでもなく見掛けや肩書きのみで経を唱え、
真の釈迦の教えを理解致して生きている人は非常に少ない。

◆経によって救われる御靈は、実際のところ殆どいない。
真相は、読経により仏教靈団が現れ、故人に対し靈団の一員として
修行することを強要するのみである。

◆死後の戒名は、実際には何の意味もない。
修行するためには新たな名前が必要であり、仏教徒以外は死後救われないと
民衆を洗脳したに過ぎない。戒名を知り己の名前を言える靈人は殆どいない。

◆位牌の中に故人の御靈は宿っていない。
実際、木片に魂が閉じ込められたなら正に監禁地獄である。
真相とは、御靈は自由自在に時空を移動する存在となる故に
位牌の中には魂は存在していない。

◆お墓には故人の靈は眠っていない。
誰も来ない暗く冷たく淋しい墓の中で好き好んで居続ける御靈は
極めて特殊な者たちである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




アシュタール 幽霊とは・・・  ←動画内容読みたい方


IMG_3132.jpeg
 寒くなったニャ きみは大丈夫かい? 
         



ー 生きてることに感謝 ありがとうございます ー 



■カウンセリングのご予約は高岡セラピールーム 
初回カウンセリング:120分:15,000円
(継続:8,000円) 
 080*4258*3912


◇ ぐるぐるヒーリング : 60分 : 8000円  予約可
※ただし、ヒーリング経験ある方 







カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たま みどり

Author:たま みどり
カウンセラー(セラピスト)

『うれしい、悲しい、苦しい、不愉快』 
すべての感情が心の成長となります
たくさんの感情体験は、心を豊かに、
大きくします あなたはどんな
感情体験をしてますか?

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
リンク
オススメ
ブログ内検索

月別アーカイブ