たま みどり

★富山県高岡市★魂&心 ヒーリング★精神性向上 ★カウンセラー★愛・感謝★
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ <妖精リィのひとりごと>⑤TOP童話 ≫ <妖精リィのひとりごと>⑤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

<妖精リィのひとりごと>⑤

<妖精リィのひとりごと>①

<妖精リィのひとりごと>②

<妖精リィのひとりごと>③

<妖精リィのひとりごと> ④


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<妖精リィのひとりごと>⑤

毎日、訪れる参拝者を見ながら、リィは考えました。


ある日、帰ろうとする参拝客の服から、一滴の水が
大蛇に落ちました。

たった1滴でしたが、その部分は、みるみる、きれいになりました。
「あ~~、気持ちがいい、痛みが治まる」


その言葉で、リィは、決心しました。


参拝客に、ご神水が服に付くようにし、
参拝客が帰るとき、大蛇に落とすことにします。
これくらいなら、妖精リィにもできます。

目に観えない大蛇の身体を、鳥居の正面に移動し必ず水が
大蛇の身体にかかるようにしました。


妖精リィは、日時の感覚がありません。
ですから、参拝客の動きをみて、
時間というものを感じていました。

こうして、人間の世界の1日、を理解し、
毎日という感覚をつかみ

水を毎日、大蛇の身体に落とす。
ということが良いこととわかりまじめました。

毎日、続けるときれいになる、大蛇の身体。
続けないと、また元にもどるのです。


そして、参拝客は7日間というキーワードもくれました。
ここまでわかるだけで、すでに2週間が経っていました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



珠子 (22)
たまのひとこと
  今日は、ユメの中で、妖精リィとあそぶニャりよ  




童話 | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。